Zhiyun-Techの最新ジンバル「Weebill Lab(ウィービルラブ)」を使ってみたい

映像つくり

電動ジンバルでおなじみのメーカー、Zhiyun-Techから斬新な形状の電動ジンバルの発売が発表されました。

Weebill Lab(ウィービルラブ)っていうらしいです。

電動ジンバルって?

電動ジンバルっていうのは、映像撮影時の手ブレを軽減するためのバランサー装置です。

ジンバルにカメラをセットし、ざっくりバランスをとった状態で電源をオンにすると、コンピューター制御でカメラを常に水平に保ってくれます。

  • ジンバルにカメラを載せて撮影すると、全力疾走して被写体を追いかけても手ブレが消え、まるで空中にカメラが浮いているかのようにヌルヌルの映像になるので、手軽にプロっぽい映像を撮ることができます。

  • 上下のブレに気をつければ、簡易的な水平スライダーの動きも再現できるので、没入感ある映像を演出することも簡単にできます。なにより、別途で三脚+スライダーを持ち運ばなくてもよくなるのが大きい。

スペック整理

海外メディアを中心に取り上げられているので、現在わかっている範囲内で簡単に整理してみます。

単体で整理しても「結局どこがいいの?」っていう点が理解しづらいと思うので、多くのビデオグラファーが心動かされたDJIの最新ジンバルRONIN-Sと比較してみます

DJI RONIN-S Zhiyun-Tech WEEBILL LAB
値段 92,800円 未定(予想価格:80,000円前後?)※
本体重量 約1.8kg(ジンバルとグリップを含む) 調査中(軽量がウリ?)
積載対応重量(ペイロード) 3.6kg 3.0kg
バッテリー 12時間 10時間
特徴 360°回転可能 トランスフォームするグリップ iPhoneをカメラモニターとして使用可能?

Weebill LABの販売予定価格は、海外のショップに掲載の販売予定価格(USドル)に、輸入時の諸費用費10,000円を追加したざっくりな概算金額です。
DJIのRONIN-Sも、国内価格は「USドル+10,000円」くらいでしたしね。

ただし、まだ国内での正式な販売価格は未定のようなので、公式からのアナウンスを待ちましょう。

海外で予約を受け付けていたショップ:bhphotovideo.com

Weebill Labの気になるポイント

トランスフォームする電動ジンバル


グリップエンドに小さな三脚が付いており、これはそのままハンドグリップとしても使用できます。

また、ローアングルで撮影する際には、ジンバルの後ろに装着してフォルムを変形させることも可能みたいです。かっけぇ。

Manfrotto標準のカメラプレートを使用

Manfrotto社のカメラプレートが標準装備らしいので、三脚やモノポッドからジンバルへの載せ替えが素早くできる、とのことです。

アクションシーンと、FIXでの固定シーンを切り替える時に便利そうですよね。

例えばオフロードレースの時は、三脚はセクション定点に設置しておいて通常撮影し、撮れ高が高そうなプロライダーが来たら、Weebill LABにカメラをすばやく載せ替えてアクションカットを撮るみたいなオペレーションも可能そう。

最大3kgの耐荷重

ミラーレス+標準レンズで大体1.5kg〜2kgくらいの組み合わせになると思うので、民生機を使いこなす多くのビデオグラファーが使用するカメラなら、問題なく搭載できるでしょう。

A4の紙よりも小型

積載可能重量3kgとマッスルな設計なのに、筐体のデザインは、A4サイズより小さいみたいです。

本体も軽量とのことなので、カメラマンの負担軽減につながるのはもちろん、ちょっとしたバッグパックの中に放り込んで持ち運ぶこともできるのは、旅先での撮影でも活躍できそうです。

※とはいえジンバルは精密機器なので、持ち運ぶ時は衝撃に注意!

ロールモーターが斜めに配置されていて、カメラのモニタが見やすい


カメラのロールの動きを制御するモーターが、斜め下の位置に搭載されています。

DJI社のRONIN-Sが登場するまで、従来のスティックタイプの電動ジンバルは、このロールモータの位置がちょうどカメラの背面モニターの真裏に来る設計になっているものが多く、撮影時にフォーカスを調整する時にめちゃくちゃ邪魔でした。

別売りのディスプレイをつなげば解決しますが、アウトドアでの撮影だと、ただでさえ重い機材にオプションを装着しまくると機動力は下がるし、岩とか木にぶつけるリスクも上がります。

コントロールダイヤルとボタンが背面にある。

最近の電動ジンバルには結構装備されていますが、グリップ部分にコントロールダイヤルがついています。

このコントロールダイヤルを使うと、ジンバルを持ちながら、手元でフォーカスコをントロールできるのは非常に便利です。

映画やドラマの撮影であれば、カメラマンとは別にフォーカス調整専門のオペレーターがいる事があります。しかし、ワンマンオペレーションになることが多いビデオグラファーにとって、片手で重量級機材を抱えながら、片手をレンズに伸ばしてフォーカスをコントロールするのは大変です。

このコントロールダイヤルでのフォーカシングは対応するカメラが限られると思いますが、CanonのEOSとか、PanasonicのGH5シリーズとか、メジャーなカメラなら大体対応してくると思います。

いつ発売する?

これはまだ海外でも予約受付中の状態のようで、具体的な販売開始時期は公式サイトでも不明の状態です。
販売代理店に問い合わせてみます。

販売代理店に問い合わせてみたところ、メーカー側の生産状況によるものの、11月下旬頃を予定しているとのことです。

2018年5月29日に発売が開始されて既に5ヶ月が経過しようとしているRONIN-Sも品切れが続いているくらいの人気で、電動ジンバル需要の高まりを感じますね。。

検討されている方は、予約受付開始とともに動いたほうが良いと思います。

まとめ

今回のWeebill LABで特徴的なトランスフォームスタイルは、一つの電動ジンバルのトレンドの転換点だと思っています。

  • 実績のあるZhiyun-Techの製品。何かあったときのサポートが受けやすい。ユーザー数も多いので、YouTubeでの使いこなし動画もたくさんある。
  • シングルハンドルでありながら、グリップの装着位置を変更することで、ローアングルも無理のない体制で撮影することができる。
  • 軽量コンパクトで持ち運ぶしやすい。アウトドアや旅行での持ち運びでも無理なく運用できて、負担が少ない。
  • それでいて余裕のある積載可能重量も確保されている。大三元レンズのような重量級レンズも余裕のあるコントロールが可能に!?

とまぁいろいろと整理してみましたが、まだ実物を見ていません。

「電動ジンバルの雄、DJIのRONIN-Sが市場に登場した中で、Weebill LABがどこまでビデオグラファー達のニーズに応えうるスペックを持っているのか」

まだ判断できないですが、非常に興味深い製品になると思っています。

電動ジンバルが群雄割拠のここ最近の映像機材界隈、どのメーカのどのジンバルが自分に最適なのかが悩ましいですよね。

高価な機材なので、買うか買わないか別として……一度使ってみたいです。

Zhiyun-Techさん、是非レビューさせてください←

コメント