【映像作りの備忘録】日野ハードエンデューロ2018 -秋の陣-

映像つくり

※アイキャッチの写真は美人フォトグラファークスドウさんに当日スナップしてもらったお気に入りの写真。

2018年の話になりますが、日野ハードエンデューロ 2018 -秋の陣-の映像を作りました。

制作メモが出てきたので、記事にまとめます。

撮影方針

FUNAI RACINGメンバーHOLYを主人公に据えて撮影を行おうと決めていました。

また、後日に石戸谷蓮さんのPV撮影を控えていたこともあり、G-NETライダーの速度域やアクションの幅にも慣れておきたく、HOLY以外の達人ライダー達も積極的に撮影していく方針に。

そのため撮影タイミングは、G-NET+ハードクラスを選択して集中して撮影。

撮影時点から、編集方針はカット割は多めで、BGMはBPMが速めの曲も選ぶという方針も立ててポスプロに望むことができました。

ただし、事前に決め打ちのカットを決めていなかったこともあり、撮影のオペレーションにおいてはフレーミングが煩雑になっていた。

日野ハードは急遽撮影すると決めてからというもの、現場で頭フル回転させながら撮影していったが、言い換えれば事前準備不足だったのも否めない。

買ってよかったManfrottoの一脚


今回望遠レンズをかえるちん太から借りたので、手ブレ防止に本格的な一脚を導入しました。

きっかけはPeter Mckinonのこの動画。

実際に導入してみて、

メリット

  • 重いレンズを装着している時でも、片手で十分に支えられる安定感がある。
  • 石突に装着されているマイクロ三脚のおかげで、平らなところならある程度自立する(とはいえマイクロ三脚にバランスを委ねていて不安定なので、手を離すのは一瞬だけにしておきましょう)
  • 雲台(MVH500の派生型)がビデオ用なので、スムーズ
    パン・ティルト・スイベルの動作がスムーズに可能。以前に使っていたシンプルな一脚は雲台がフラットだったので、そもそもパン・チルトの動作ができなかった。
  • 逆さ持ちで、ローアングル撮影も楽。

課題

  • フルードテックの汚れ対策が必要。

マイクロ三脚の部分はフルードテックとよばれるオイル潤滑になっています。ここがニンテンドー64の操作スティックのように、一定角度までならグリグリを360°動かせることにより、柔軟なカメラワークが実現できるのが、このビデオ一脚の良いところです。ただし、このフルードテック機構はむき出しになっているので、ゴミとか汚れが入ると分解清掃が必要になる気配があります。アウトドアで使う時には、石突を覆うようにビニールを二重に巻きつけておくハックをおすすめします。

  • 一脚といえども重量と縮長がそこそこあるので、可搬性は三脚と同じようなもんと考えておいたほうがよい。
  • 雲台もそこそこの重量があるので、結局肩に担いでフィールドを移動することになるので、まぁそこそこ疲れる。

という所感でした。

とはいえ、イベントのワンマン撮影においては機動力高く動くことができて、ある程度ならブレずに安定した画を撮ることができるのはビデオ一脚ならでは。

アングル変更がワンタッチなので、画面を一瞬揺らして次のシーンにつなぐフリップトランジションもやりやすいです。

イベント撮影を行うビデオグラファーにとってはマストギアですね。おすすめです。

105mm以上の望遠レンズを初の実戦投入


カメラ仲間のかえるちんた太に、FE f4 70-200を貸してもらいました。

近いうちに買おうとしていたレンズだったので、軽さとか、インナーで伸縮する鏡筒とかの使い勝手がわかってとても有意義だった。

  • 軽い。軽さは正義。
  • インナー鏡筒ズームを採用しているので、手に持った時のサイズ感が変わらない。どの距離でも同じフォームでレンズを構えることができてノンストレスです。
  • レース撮影で砂煙が舞う中でも、鏡胴のズーム部分に砂塵が入る心配をしなくてよい。
  • さすがのSONY純正のGレンズ、AF速度もバシュッと決まる。
  • F4通しのレンズだが、野外撮影が多いので光量は十分確保できるので問題なし。それよりも軽量性を取りたい。
  • 望遠レンズならではだが、背景がきれいにボケてくれるので、F4開放で撮らずとも被写体に立体感をもたせることができる。

ちん太ありがとう。結局買いました(笑)

フレーミングをもっと考えるべきだった

広角ズーム16-35mm F4(SEL1635Z)と、中望遠ズーム70-200mm F4(SEL70200G)の2本体制で撮影したのだが、レンズのつけ外し含めて、フレーミングが雑になってしまっていた。コンテまではいかずとも、普段以上に撮りたい絵を意識して撮影に望む必要があった。

イントロダクションにつかっているBGMを自作した

映像の序盤で使用している映画のサントラっぽいBGMを自作してみました。

フリーのシネマティックサウンドパックから複数の音源を組み合わせ、Premiere Proのタイムライン上でミックスしたものを使用しています。

トラック制作はド素人ですが、「これだ」という音源が見つからなかったので、自分で音を組み合わせて作ってみました。
映画の1シーンでの印象的な音楽も複数の単純な音を重ねてエフェクトかけて作り上げているみたいなので、せめてSE周りくらいは自分の狙った音を演出できるようにしたいところです。

今後の制作においては、音のミックスチャレンジは積極的に行っていこうと思います。

以上。

コメント