「ODESZA」の曲を聴いていたら、映像のBGM選定で気付きを得た話

映像つくり

先日、SoundCloudで適当にストリームを流して聴いていたら、iPhone XS、iPhone XRのYouTube広告で流れている「ア〜〜〜↓↓……パォーーーン↑↑」みたいな曲の正体がわかって、「これか〜!」ってなりました。

しかも、そこから映像制作でのBGM選びのコツみたいな閃きも得たので備忘録的に記録しておきます。

iPhone XS/XRのプロモーションビデオ

使われている曲はこれ。
ODESZA – Loyal

ODENZAって誰

ODESZA

ODESZA(オデッザ)って読みます。

  • シアトル初の2人組のプロデューサーユニット
  • メンバーは、ハリソン・ミルス、クレイトン・ナイト
  • エレクトロニック/テクノのジャンルの人たち
  • 2012年に結成、フリーダウンロードで公開した1stアルバムが反響を呼び、アディダスとタイアップするなどのシンデレラストーリー爆進中

だいたいこんな感じのバイオグラフィです。

  • Spotify総再生回数5億回越え
  • YouTube総再生回数4億回越え
  • 第58回グラミー賞で「最優秀リミックス・レコーディング賞」にノミネート

という目覚ましい成果を上げていますね。すごい。

「テケテケテケテケ…デッデッデッデッ!ドーン!」みたいな「いかにもEDM」みたいなの曲の流行りが落ち着いた現在、ポストEDM界隈と呼ばれるジャンルの中でもブイブイ言わせているみたいですね。

詳しい紹介はこちらの記事でどうぞ
外部リンク:ワンクリックで人生を変えた。ポストEDMドリームを体現する二人組ODESZA(オデッザ)とは?

有名な曲、というか好きな曲

全体的に抽象的で壮大なインスト曲が多いイメージですが、僕がやらた聴いていた曲がこれです。

二人組のプロデューサーユニットという点ではチェインスモーカーズみたいですが、彼らみたいなポップさとは違った魅力があります。
瞑想している時とか作業時にBGMとして流しておくといい感じの雰囲気です。

きっかけは海外YouTuber、Sam Kolder

Sam Kolder(※)の映像「万里の長城」で使用されていて知ったのがきっかけだったと記憶しています。

※世界中を飛び回って卑怯なまでに美しいロケーションで映像を撮りまくっている、イケメン・マッチョのカナダ人映像クリエイター

ODESZAの音楽は映画っぽい

ODESZAの曲はあまり派手な印象の曲ではないですが、Samの映像とマッチさせるとやたらと情緒感を増幅させてきます。

「この情緒感や余韻の源泉はなんだろう…」と考えていたのですが、思うに、

シネマティックな撮影・編集手法を主役にしつつも、ODESZAの映画のサントラのようなインストBGMが、まるで「めちゃくちゃうまいアラ汁の旨味成分のような役割を担っている」からだとも思います.

その後、今回の記事を書く上で、上記リンクのODESZAの記事を読んでいたら「ODESZAの二人は『映画音楽』が趣味」と書いてあり「ハハーン!どうりで!」と点と点がつながってデッカい点になりました。めでたしめでたし。

ODESZAを聴いて気がついた、映像制作でのノウハウ

映像制作時、自分の好きな曲ありきで動画素材を配置していく手法があります。
結婚式ムービーとかロードムービーでよく見られる形式ですね。
ミュージックビデオやカラオケムービーのような映像になります。

この手の映像はBGMというシナリオがあるので、慣れると割と簡単に映像をつくることができます。

しかし、まず映像ありきで制作していくと、脚本や絵コンテなど別のシナリオが用意されていて、BGMは本当の意味でのバックグラウンドミュージックになります。
(特にナレーションやモノローグの音声が乗ってくる映像だとなおさらです。)

その時、派手でキャッチーな曲を使ってしまうと、視聴者の意識が「スーッ」とBGMに引っ張られていってしまいます。

音楽が持つイメージと、映像が持つイメージがぴったりとマッチするときはそれでいいんですが、BGMがマッチしないときは、コンテンツの中に主張が強い要素が内包されすぎ胃もたれしてしまうんですね。

そんな時に、ODESZAのようなアーティストが作るインスト曲や、サウンドトラック系の曲を持ってくると映像との馴染みがよく、シナリオの意図を尊重した映像が作れるなーという気付きがありました。

まとめ

何気なく見ていたiPhoneのプロモーションビデオからこんな気付きが得られるとは。

以前から気になっていたレンズディストーションという会社が販売しているシネマティックBGMが購入したくなってくる……

Cinematic SFX & Sound Design Libraries | Lens Distortions

コメント