iPhoneのスクリーンショットはPinterest(ピンタレスト)に保存しておくと便利

ライフハック

スマートフォンを日常的に使うようになってきてからというもの、スクリーンショットの頻度が多くなってきました。

  • ネットを回遊していて気になったカメラ機材とかガジェット
  • 著名人やアーティストなど自分がフォローしている人の発言記事
  • Instagramで「真似したい!」「かっこいい!」と思ったストーリーズの1枚の写真
  • 友達との普段のLINEの会話で面白かったもの
  • Twitterで思わず笑ってしまったツイート
  • いつか行きたいなと思った飲食店

などなど。

次から次に流れていく情報のすべてをキャプチャしていくわけではないものの、その瞬間に気持ちが動いたものは保存しておかねば!という衝動に駆られるんですよね…。

今どきシェアリングの時代に几帳面なことしてるなって言われますが、逆にこういう性格だから、ビデオグラファーとか向いてるんだとも思っています。

もちろん、一時的に使ったキャプチャ画像はすぐに捨ててしまいます。
(待ち合わせで使ったGoogle Mapsのキャプチャとか、「これいいよ!」って何か商品の情報を送ってあげたりとかの一時的なもの)

どんどん溜まっていくiPhoneのスクリーンショット

iPhoneは手軽にキャプチャが撮れるので、ガンガン画像が溜まっていく…

とは言うものの、主食がインターネットのような人間なので、ガンガン溜まっていくキャプチャは捨てても捨てても結構な速度でiPhoneのスクリーンショットが溜まっていくわけです。

皆さんも、これを機にiPhoneのカメラロールも見てみてください。結構な枚数あると思います。

で、レースとか旅行とかのイベントが終わって「さーて写真データの整理しようかなー」ってiPhoneのカメラロールを見返すと次々に出てくる「あ、そういえばこういうキャプチャ撮ってたわ…カメラロール見にくいし邪魔やなー…おい…」という感情。

これがちょっとしたイライラになっていたので、いい加減にiPhoneのスクリーンショットのデータ整理フローを確立しようと思った次第。

今までどうやって管理していたか

iPhoneのカメラロールからキャプチャ画像を抽出して、それをDropboxにフォルダ分けしていました。

ざっくりナンバリングしたフォルダに画像データを放り込んでいくスタイル

ここに分類し終わっていないファイルも別フォルダにたくさんあります

  1. iPhoneをMacに接続する。
  2. Macのイメージキャプチャっていう純正アプリでデータを抽出する。
  3. MacのFinderに備わっているスマート検索で「スクリーンショットに該当するデータ」だけソートしてDropbox等に移動する。

でも、これって「データの保存」はできても「データを定期的に見返す」っていうのはとてもやりにくいんですね。

わざわざDropboxを開いて閲覧しないといけないし、「わざわざその行為をするための時間を作る」っていう能動的なアクションが必要になります。

こういうスクリーンショットって「あ、いいな」って思ったからこそスクラップブックのように保存しているのであって、

  • 電車の中とかベッドの中とかでふと見返して、「そうそう、あの頃はこういう写真や記事が好きだったなぁ」って思い返したり
  • 落ち込んだり不安になってる時に、勇気付けられた記事のキャプチャとか見返して、「はてさて、大丈夫かもしれんぞこれは」って思い直したり
  • いつかチャレンジしてみたい映像表現のメモを残しておいたり

といったことがしたいわけです。
半分寝ぼけていても目に入ってきちゃうような仕組み化したいわけです。

どこに保存するのが考えた

条件は、

  • いつでもアプリで見返せること
  • 毎日思い立った時にワンタッチでiPhoneからアーカイブできること
  • ある程度のフォルダやタグ管理はできること
  • できれば検索性があること
  • 将来的にアプリを移行する時に、データをアーカイブとしてエクスポートできること

Evernote→制限が増えすぎて使いづらくなった

数年前なら大本命であったであろうEvernote。

しかし、

  • iCloudメモが万能すぎて最近めっきり使わなくなった。
  • そもそも、月間の無料アップロードが60MBまでに制限されている。
  • 最近は、無料ユーザーは同期ができる端末が2つまでに制限されるようになった。
  • 本末転倒だけど、タグ管理とかフォルダ管理とかスタック管理とか、管理方法が自由な半面、マイルールを設定するのが疲れる。

というネガ要素が増えすぎていて、除外。

データのエクスポートは可能。

※最近WEBサービスの断捨離も実施中なので、そのうちデータだけダウンロードしておいて、アカウントごと削除しました。

Tumblr

次に思いついたのがTumblr。

  • iPhoneアプリ間で連携できるので、投稿もすばやくできる
  • そもそも写真以外に動画やテキストも保存できる
  • サブブログを10個までつくることができるのでテーマ分けができる
  • ブログデザインもカスタムできるので、ギャラリー系のテンプレートを適用すれば閲覧もしやすそう
  • 過去に作ったアカウントがあって、使い勝手がわかっている

サブブログという概念があるので、ざっくりでもジャンル分けすることができるのがいいですね。

しかも、今後はiPhoneの画面の録画機能もガンガン使っていくことが予想できるので、その保存先としても秀逸。

ただ、肝心のアプリDLの時にTumblrで成人向けコンテンツが出回ってAppleからアプリの締め出しを食らっていて実行に移せず…

参照先:ITmedia エンタープライズ:App Storeから消えたTumblrアプリ、原因は子供虐待コンテンツ

Pinterest

Tumblrがダメになり、「画像中心の保存ならPinterestもありじゃん!」と思いつく。

  • キャプチャ画像保存と割り切るなら、画像特化のPinterestの方が気楽
  • 似たような画像(ピン)を次々にレコメンドしてくれるので、関連検索もおもしろい
  • 画像をまとめておく「ボード」をたくさん生成できるので、ジャンル分けに、ほぼ制限がない。(そもそも、たくさんジャンル分けしたら閲覧製が下がるので、そんなに増やすつもりもないが…)

Pinterest公式のヘルプセンターでは、ピンやボードの上限数は下記のように定められていると明記されている。

ボード:500 件(シークレットボードと他のユーザーが作成したコラボレートボードを含む)
ピン:20 万件(シークレットピンとコラボレートボード内のあなたのピンを含む)
フォロー:5 万件(トピック、ボード、ユーザーを含む)

Pinterestヘルプセンター:ピン、ボード、フォローの上限数

Pinterestでどうやって管理していくか

  • 作業がしやすいPCのブラウザからPinterestにアクセスして、ざっくりボードを作っておく
  • 手持ちのiPhoneの画像整理がてら、ポチポチと画像をPinterestに放り込んでいく

まとめ

Tumblrの方が何でも保存できるし、もともとWEBスクラップとしての出自があるので、Tumblrも試してみたいなと思っています。

今後も咄嗟のメモ代わりのキャプチャはガンガン増えていくと思うので、早めにフローを整備して、無意識レベルの作業に自動化していきたいところ。

WEBサービスの連携アプリことIFTTTをうまく活用すれば、もっと自動化できるかもと画策中です。

コメント