Ankerの超薄型モバイルバッテリーがミニマルで良いって話【Anker PowerCore Slim 5000】

買ってよかったもの

「スマホ1日使ってると、一日の終わりにはバッテリーがなくなってるからモバイルバッテリーは持ち運びたい」
「でもモバイルバッテリー持ってると安心するけど、荷物としては割と重い…」

ミニマリズム思考でモバイルワーカーの方は、荷物の重さに関したちょっとしたストレスをかかえていることが多いかと思います。

僕も同じように悩んでいましたが、思い切ってAnkerが出している超薄型・小容量モバイルバッテリーを導入してから、日々の荷物事情がいい感じなので紹介しておきたいと思います。

これです↓

余談
たまにカフェ行くとコンセントが席があるけど、ああいう席には最初からLightningケーブルやMicro USBケーブル常備しておけばいいのにって思う。
PC充電する人もいるだろうけど、近年はモバイル環境が増加の一途。
通常のコンセントは用意しておきつつも、もう一個コンセントを設けて、片方のコンセントには取り外しできないように細工したケーブルを常設しておけばいいのに。

Anker PowerCore Slim 5000のいいところ

ポケットに入るスリムサイズ



カード型になっていて、薄い。

重量は約118gで厚さが約10mmという、従来のモバイルバッテリーの概念を打ち砕くフォルム。

薄さと相まって、iPhoneと重ねてポケットに入れても全然邪魔にならないのが最高。

例えば手ぶらで飲みに行ったりクラブ行ったりする時にも、普通なら「あーモバイルバッテリー邪魔やなー重いなー」ってなるところが、これだけ薄いとスッとポケットに入り込んで馴染んでしまう存在感。

iPhoneと一緒に握りしめやすい


iPhoneと重ねて持っても一緒に握り締められる大きさで、一体感があります。
片面はシリコン製の滑り止めになっているので滑り落ちる心配もなくて安心。

クラブでお酒も入ってDJがいい曲流したりして高まってくると、思わずiPhoneでTwitterやりながら身体を揺らしたりすることがあるじゃないですか。
ああいう時にバッテリーがiPhoneの裏側にぺったり張り付くので、モバイルバッテリーが邪魔にならなくて済むんですねこれが。

容量が5000mAh Aある

薄い割には5000mAのバッテリー容量があります。

公称値なので実際のところどうかのかってのはありますが、バッテリー切れのiPhone7 plusをフル充電するキャパシティはあります。

スマホゲームを多用したり、YouTubeで動画を観まくったりしないのなら、一泊二日は対応できますね安心。

あわせて使いたい充電ケーブル

iPhoneの純正Lightningケーブルは少々弱々しいので、タフなケーブルを使いましょう。
MFI認証っていうApple公認の認証を通ってるケーブルでも今ならだいぶ安いし、ポケットの中でケーブルが絡まりにくい30cmくらいの短めのケーブルがおすすめ。

そんなこんなで薄型モバイルバッテリーのススメでした。

iPhoneの性能とiOSの拡張性が高まっている昨今、割と何でもかんでもモバイル環境でできるようになっているからこそ、セーフティネットは用意しておきたいところですね。

コメント